賃貸で構わない意識の変化

賃貸物件の間取り図にある方角は必ずしも正確とはかぎりません。

我が家は東と南に窓とベランダがあり、日中かなり日差しが入ります。なのでかなり明るくて春のぽかぽか陽気の時など気分も明るく結構気持ちの良いものです。鉄筋コンクリートなので真冬にも昼間の太陽の蓄熱効果がかなり功を奏しているものと思われます。くわえてベランダの戸や窓の大きさが規格外に大きいので尚更陽の光が入ってくるのです。賃貸のマンションなのですがすぐそばに日差しを遮るような建物もありません。このように書いていくと理想の物件のように思えますが、これが夏場の話になるとそうもいきません。蓄熱効果のある分、夜になると逆に部屋の温度が上がって昼間よりも暑くなるのです。直接の太陽の熱は遮光ネットなどで窓を覆って遮っていますが、蓄熱されたものはどうやら夜になってジワジワ部屋の温度を上げてくるようなのです。

これは建物のつくりによって変わってくるとは思いますが、必ずしも東向き、南向きが良いとも言えない例のひとつだと思います。とはいってもやはり部屋を借りる時は南向きか東南向きが良いというのが一般的です。不動産屋でもらう間取り図には一応方角が記入されているとは思いますが、これはあまりそのまま信用しないほうが良いこともあるようです。なので部屋を内見する場合は方位磁石等を持参したほうが良いでしょう。もし忘れた場合は、腕時計があれば短針を太陽に向け、12の数字との間が南にあたります。誤差は出るようですが、ある程度の参考にはなると思います。

注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で構わない意識の変化.All rights reserved.