賃貸で構わない意識の変化

賃貸利用に発生する原状回復義務について

賃貸の物件には、その利用者に対し、原状回復の義務と言うものが課せられます。賃貸契約が終了し退去する際、その物件の状態を入居前の状態、つまりは原状に戻した状態にしなければならないと言うのがこの義務です。もし、原状に戻すために必要な経費が発生した場合は、敷金などから清算されることとなり、つまりはその賃貸を利用していた人の負担と言うことになります。ですから、こうした費用を負担しないためには、利用している賃貸物件を大切に利用することは勿論のこと、入居時の原状をきちんと把握しておくことも大切です。

実際に賃貸物件に入居する以前には、見学などを行います。その際、部屋の状態や様々な部分の状態を確認しておくことが大切です。特に気になった点があれば、不動産会社にきちんと確認をすると良いです。壁紙の汚れや、床や壁などの傷、水回りの汚れ、臭いなどは特に後々になって、クリーニングが必要な場所と認められやすい点です。それらが認められた物件に入居をした場合は、本格的に生活を始める前に、それらを写真などに撮影しておくと良いです。そうすれば、退去時にも、それらは入居した時からあったものだと証明することができます。

しかし、どれだけ気を配りながら生活をしていたとしても、日常生活の中でやむを得ず発生してしまう臭いや汚れ、傷などがあるのも事実です。その辺りの負担区分と言うものは、原状回復のガイドラインによって定められています。インターネットからでも簡単に見ることができますから、賃貸物件を利用しようと考えている方は、一度目を通しておくと参考になります。

Copyright (C)2018賃貸で構わない意識の変化.All rights reserved.