賃貸で構わない意識の変化

自由度の高い賃貸生活

よく耳にするのが、賃貸物件を借りて毎月家賃を払い続けるくらいならば、一戸建てや分譲マンションを購入した方が良いという意見です。しかし、家やマンションを購入することによって発生するデメリットもあります。一旦家を購入してしまうと、そこに住み続ける必要が出てきてしまいます。人生はいつどのようなことが起こるかわかりませんので、自分の生活環境の変化に臨機応変に対応するためには簡単に引っ越しをすることができる賃貸物件に住み続けている方が良いとも言えるのです。また、自分の身の周りの変化のみならず、現在住んでいる賃貸物件周辺の環境が悪い方へ変わってしまった際も、引っ越しをすれば解決できるのです。ところが、持ち家ですとそう簡単にはいきません。

また、賃貸物件と比べて家を購入するということわ精神的にもプレッシャーがかかります。この先何十年もローンを払い続けなければならないということは、考えるのが嫌になってしまう人もいるでしょう。賃貸物件に住んでいるのであれば、万が一仕事が上手くいかず収入が下がってしまったとしても、家賃のさらに安い物件に引っ越せば解決できる可能性が高いのです。そのようなことも考えた上で、賃貸か持ち家かを検討すると良いでしょう。

Copyright (C)2017賃貸で構わない意識の変化.All rights reserved.