賃貸で構わない意識の変化

参った、私の賃貸契約失敗談

今まで何度か賃貸契約をしてきましたが、大きな失敗をしたことがあります。子供が2人になって、部屋が狭いと感じ、広くて手ごろな物件があったら引っ越ししたいなと思い探していたら、格安な物件があったので、早速不動産に問い合わせをして家族4人で内見しに行きました。

外見は少し古く感じましたが、部屋はとてもきれいで広々していて日当たりもよく開放的な雰囲気でした。駐車場がやや遠いという点が気になりましたが、家賃が格安だったのが決め手となり、その日のうちに契約しました。

実際に引っ越してみて、いざ新生活をスタートさせようとしたら、玄関のチャイムが壊れていたり、ふすまが開閉しづらい、換気扇や給湯器の故障など、いくつも問題がでてきました。不動産会社に確認を取ると、どうやら不動産会社とオーナーさんの連携がうまくいっていないみたいで、修理もなかなかしてもらえませんでした。私たちは不動産会社とオーナーさんを信頼できなくなり、また引っ越しすることを決めました。その件以来、賃貸住宅を契約するときは、物件を見に行くことはもちろんですが、オーナーさんは信頼できそうな人か、何かあった時にすぐに対応してもらえるのか、ということを不動産会社に確認するようにしています。皆さん、私たちのような失敗をしないように気を付けてくださいね。

注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で構わない意識の変化.All rights reserved.