賃貸で構わない意識の変化

賃貸物件の鍵をなくしてしまった場合には

家に帰って鍵を開けようとしたら、鍵がない、なくしてしまったという場合には、鍵屋を呼ぶ事になるのですが、賃貸物件の場合でも不動産会社などが遅い時間だったり、早い時間だったりと営業時間外の場合などには、とりあえず鍵屋に開けてもらって、鍵の交換はその時はしない方が良いそうです。昼間の時間で不動産会社が営業している場合には、まずは不動産会社に連絡をしたり、貸主が近くに住んでいる場合には貸主に相談をしてみた方がよく、不動産会社や貸主は物件の鍵を管理しており、営業時間内の場合対応してもらう事が可能になります。

その後、鍵がどうしても見つからない場合には、鍵の交換となりますが、鍵の交換は管理会社のもと行い、新たなる鍵の管理は管理会社にて保管をするのです。スペアがあるので、鍵の交換までは行わなくても大丈夫かと思っても、なくしてしまった鍵を誰が手に入れるかわからないので、ほとんどの不動産会社では無くした場合には、鍵の交換を行っているそうです。不動産会社や貸主が鍵を保管しているのは有事の際などのためで、迅速な対応のためになります。そのため、鍵をなくしてしまった場合には、ホームセンターなどで自分で購入して交換を勝手にするのではなく、不動産会社に連絡する必要があり、自分で鍵を増やさない、鍵を勝手に設置してはいけないのです。

注目の情報

Copyright (C)2017賃貸で構わない意識の変化.All rights reserved.