賃貸で構わない意識の変化

賃貸物件の初期費用である、敷金と礼金

賃貸物件を借りる時には、敷金と礼金を費用として必要になりますが、敷金は何かあった時に充てる費用として貸主が預かっている費用になるので、貸主が預かっているという形なので、借主自身のお金という事になります。初期費用を支払う際には、様々な領収証をもらう事にになりますが、敷金の領収証は、領収証ではなく預り証をもらう事になります。この敷金は、借主が家賃の支払いを滞納していたり、賃貸物件に損壊をしてしまったりなどの場合には、敷金から充てられる事になるのです。退去時に問題ない場合には、敷金はクリーニング費用や交換代などの支払いの費用として一部を充てる事ができ、残った場合には返金されてきます。

礼金は貸主の報酬分となり、戻ってくることはないのです。この礼金に関しては、一部の地域によっては、見直しをされてきている所もある様ですが、多くの場合には、礼金の支払いがあるそうです。物件を探していると礼金がゼロという所もあり、増えてきています。初期費用は、高額費用になるのでなるべく節約をしたい気持ちもありますが、敷金は退去する時に使う場合もあるので通常通り支払っておき、礼金を抑えるために値引き交渉をしてみたり、礼金ゼロの物件を探してみるのも良いのではないでしょうか。

Copyright (C)2017賃貸で構わない意識の変化.All rights reserved.